岐阜県で評判の軽自動車販売店5選!口コミで人気の軽自動車販売店を厳選しました。

軽自動車を購入するメリット・デメリットについて詳しく解説!

公開日:2022/08/15


軽自動車は価格が手頃で、狭い場所でもスイスイ走れる利便性の良さから、今や町のあちこちで見かけるほど身近な存在となっています。しかし、実際に購入すると生活にどのような影響があるのでしょうか?今回は、そんな軽自動車を購入するメリット・デメリットを解説しますので、車の買い替えを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも軽自動車とは?

軽自動車とは日本独自の規格で作られた車のことで、具体的には全長3.4m、全幅1.48m、全高2.0m、排気量660cc以下、定員4人以下の車を指します。ちなみに軽自動車が生まれたのは1949年からですが、当時はパワー不足が目立ち、デザインもパッとしない車が多かったことから、セカンド用として購入する人が大半でした。ところが現在の軽自動車は、新車販売において4割を占めるほど人気の車となっており、各メーカーでも軽自動車を最新トレンドとして販売しているのが現状です。

ちなみに軽自動車と普通自動車を見分けるには、ナンバープレートを見ると簡単に分かります。普通自動車のナンバーは白色ですが、軽自動車は黄色いナンバーをしています。色分けされている理由には、高速道路の料金所で普通自動車と軽自動車は料金が違うので、料金所のスタッフが普通自動車と軽自動車を見分けられるようにするためだといわれています。とはいえ、現在はETCが主流なので、実際は単純に普通自動車と軽自動車を区別するだけの理由となっています。

軽自動車を購入するメリット

軽自動車を購入する主なメリットは「維持費が安い」「小回りが利く」「手続きが簡単」の3つが挙げられます。ここでは、それぞれのメリットについて解説していきます。

維持費が安い

1つ目のメリットは何といっても、維持費が安いことです。軽自動車は車体が軽く排気量も少ないため、普通自動車よりも燃費性能が良くガソリン代を抑えることができます。また、普通自動車の税金は、最も排気量が少ない1000㏄以下であっても2万5,000円かかるのに対し、軽自動車は1万800円で済みます。さらに、高速道路においても軽自動車は普通自動車の20%程度割引されるメリットがあります。

このように軽自動車はガソリン代、税金、高速代といった維持費が安いので経済的な負担を大きく減らせ、お金を節約することができるのです。

小回りが利く

2つ目のメリットは小回りが利くことです。たとえば車体が小さいので運転しやすく、ぶつけてしまう心配も少なくなるので、運転に不慣れな方でも安心できます。とくに日本の道路は狭く、渋滞が起きることも多々ありますので、普通の車だと運転に神経を使いますし、何よりストレスがかかるものです。

一方、軽自動車なら小回りが利くので負担もかかりませんし、狭い道でも問題なく運転することができます。それに駐車を楽にできることも魅力の1つです。

手続きが簡単

3つ目のメリットは手続きが簡単なことです。普通自動車の場合は、購入時に国土交通省へ登録手続きや実印や印鑑証明書が必要になりますが、軽自動車は国土交通省の登録が不要になり、印鑑もシャチハタのみで行えます。また、場所によっては車庫証明も必要ありませんので、普通自動車と比べて楽に車を手に入れられます。

軽自動車を購入するデメリット

軽自動車は普通自動車よりも燃費性能や維持費が良い反面、いくつかのデメリットも抱えています。ここでは、それぞれのデメリットを解説しますので、購入後に後悔することがないよう、今一度確認をしておくと良いでしょう。

衝撃に弱い

1つ目のデメリットは衝撃に弱いことです。軽自動車は車体が軽いことが大きな特徴ですが、言い換えると衝撃に弱いことでもあります。もちろん、安全基準に沿ったうえで作られてはいますのが、それでも普通自動車に比べると、安全性はどうしても劣っているのが現状です。また、車体の軽さは横風の影響も受けやすく、突然の突風や、橋の上を走る際の横風でハンドルがとられる危険もあります。

パワーが弱い

2つ目の特徴はパワーが弱いことです。軽自動車の排気量は660cc以下、馬力は規制によって64馬力までと定められています。一方、普通自動車は排気量が最も少ない車でも1000cc以下、馬力でいえば110馬力~130馬力ほどの車がほとんどです。つまり、軽自動車と普通自動車では、パワーに倍近くの差があるのです。

このため、普通自動車から軽自動車へ乗り換えるとどうしてもパワーが少なく感じられ、坂道ではアクセルを踏んでも速度がなかなか上がりません。さらにパワーの少なさは、後続の車のあおり運転も受けやすさにもつながりやすく、軽自動車に乗っているだけで、周囲からパッシングされてしまうといった声もあります。

車内が狭く感じる

3つ目のデメリットは車内が狭く感じることです。軽自動車はサイズ規定により、普通自動車並みの車内を作ることはできません。現在では、メーカーが工夫を凝らして車内をできるだけ大きく感じられるように設計されていますが、それでも普通自動車に比べると狭く感じられてしまいます。また、軽自動車は法律で4人以上乗車することも禁止されていますので、大人数で移動したい方にとっても、あまりおすすめできる車ではありません。

軽自動車の購入はどんな人におすすめ?

上記でお伝えしたように、軽自動車は維持費や小回りの良さが特徴なので、できるだけ家計を節約したい方や、運転の不慣れな方、初心者の方には向いています。また、近場での利用(通勤や買い物など)をメインに使いたい方や、近所の道路や駐車場が狭い方にとっても、おすすめできる車です。

一方で、遠出には不向きな車なので、車で遠出や旅行がしたい方にとっては、軽自動車よりも普通自動車やコンパクトカーを選んだ方が良いでしょう。ちなみに、なぜ軽自動車が遠出に不向きかといえば、軽自動車はパワーが少なく、高速道路はアクセルを常に踏み込む必要があり、労力がかかるうえ、乗り心地も普通自動車と比べて良くないためです。つまり、長距離運転になればなるほど、普通自動車の方が楽に運転できるので、このあたりは日々の生活スタイルや、今後のライフスタイルと相談して決めると良いでしょう。

 

軽自動車は小回りが利き、ガソリン代や税金など維持費も安く抑えられることが大きなメリットです。しかし、車体が小さく作られている関係上、車内は狭く衝撃には弱いうえ、パワーも少ないので、遠出には不向きといった側面もあります。つまり、経済的にはお得に乗れる半面、安全性や快適性は普通自動車の方に軍配が上がります。軽自動車の購入を検討する際にはメリットだけはなく、デメリットについても考慮したうえで、選択するようにしましょう。

【岐阜県】おすすめの軽自動車販売店5選

イメージ
会社名ファミリービッグモーター(岐阜エリア)ネクステージ(岐阜エリア)横山モータース伊東モータース257
特徴①圧倒的な実績を誇る軽自動車販売専門の自動車販売店素早く自分の購入したい車を提案してもらえるたくさんある車の中からぴったりなものが見つかる低価格と高品質にこだわった各務原市・犬山市地域最大級の軽自動車未使用車専門店創業100周年の歴史を持ち、総在庫数200台を誇る自動車販売店
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧