岐阜県で評判の軽自動車販売店5選!口コミで人気の軽自動車販売店を厳選しました。

軽自動車を購入するのに適したタイミングについて解説!

公開日:2021/12/01

車を購入しようと思った時、維持費の安さから軽自動車に興味を持っている方も多いのではないでしょうか。軽自動車は利便性や機能が向上しているにもかかわらず、普通自動車に比べて税金や燃費の面でメリットが大きいので人気があります。今回はそんな軽自動車の購入時にかかる費用や安く買うための方法、購入のタイミングについて掘り下げて解説していきます。

軽自動車の購入費用の目安

軽自動車を購入するときにかかる費用にはどんなものがあるのでしょうか。費用がかかる項目と目安の金額について解説します。

車両本体価格

車両本体とオプション装備を含めた総額です。車両本体価格は車種やグレード、オプションの選択によって変わりますが、全体的な相場としては、約100〜200万円ほどになっています。車のタイプは他にも普通車・SUV・ミニバンなどがある中で、軽自動車が最も安い価格帯になります。

法定費用

法定費用とは車を購入したときに必ず納めなければいけない税金や保険料のことです。多数ある項目を順番に解説していきます。

軽自動車税

毎年4月1日時点での軽自動車の所有者に対して課せられる税金です。軽自動車税は一律1万800円です。軽自動車税は4月1日時点の所有者に課税されるというところがポイントで、4月2日以降の年度内の早い時期に自動車を購入すれば、翌年の4月までほぼ一年税金がかからないといった見方ができます。

なお時限的なものではありますが、環境性能に優れたエコカーを購入した場合は減税される優遇措置があります。

自動車重量税

自動車の重量に応じて課税されるものですが、軽自動車の場合は重量に関係なく一律で定額です。金額はエコカーなら年間2,500円、それ以外なら年間3,300円です。

支払いの時期は新車登録時、あるいは車検時で、次回の車検までの年数分をまとめて支払うことになります。また先ほどの軽自動車税と同様にエコカー減税の優遇措置が用意されています。

環境性能割

自動車を取得した際に課税されるものです。燃費のよい自動車ほど税率が優遇される制度で、購入した年の軽自動車税に上乗せして支払うことになります。税率は軽自動車の場合、2021年12月末までは非課税〜1%、2022年からは非課税〜2%の間で決定されます。

自賠責保険料

自賠責保険とは原付をふくむすべての自動車に加入が義務付けられている強制保険です。保険料は車検時に次の車検までの月数分を支払うことになり、24ヶ月で1万9,730円、36ヶ月で2万6,760円となっています。

リサイクル料金

廃車にするときに利用されるお金で、自動車の購入者に支払いが義務付けられています。自動車を売却したときには返還されるようです。車種や装備によって金額は違いますが、およそ6,000円〜1万6,000円になります。

消費税

車両本体およびオプション類に消費税がかかります。

以上が法律で義務化されている費用です。

代行費用

自動車の購入の際の手続きを代行してもらうための費用で、主に販売店に支払うものです。手間はかかりますが、自ら行うことで費用を節約することもできます。

車両登録代行費

運輸支局の検査を受けナンバープレートを取得するまでの手続きを代行してもらうための費用です。およそ1万円〜3万円がかかります。自分で行う場合は1,400円ほどの費用で済みますが、検査場へ車を持ち込んだり各種書類をそろえたり、かなりの手間と時間がかかったりすることになります。

保管場所届出代行費

管轄の警察署に軽自動車の保管場所の届出を代行する費用です。2万円程度が費用相場となっています。自分で行う場合は保管場所標章(ステッカー)の交付手数料として500円〜610円になります。

必要書類を提出さえすれば手続き自体は10分ほどで完了する簡単なものなので、この手続きに関しては自分でしてもよいかもしれません。

納車費

自宅まで車を届けてもらう費用です。距離によって金額が異なり近隣なら5,000円〜、遠方なら3万円ほどかかることもあります。自分で引き取りにいけば無料となることがあります。

以上のように自動車購入時には車両本体以外にたくさんの諸費用が必要になります。

軽自動車を購入するタイミングはいつ頃がおすすめ?

軽自動車の購入にはおすすめのタイミングというものがあります。

決算期の3月と9月

年度末決算の3月と中間決算の9月がおすすめです。この時期は売上や販売台数が上がるほどメーカーからの奨励金が増えるため、自動車販売店としては一台でも多く売りたい時期であり、そのために大幅な値引きをしてもらえる可能性が高いです。とくに一年間の総決算となる年度末の3月のほうがより期待できるものとされています。

モデルチェンジ直前

モデルチェンジの時期に旧モデルを選ぶと割安に購入できることがあります。最新モデルを好む人は多く、モデルチェンジが行われると一つ前のモデルは売れなくなるため、この時期に売り切って新しい車と入れ替えたいと販売店は考えるようです。軽自動車に関していうと、モデルチェンジのサイクルが早く、フルモデルチェンジが4年ごとに行われる車種もあります。

しかし、モデルチェンジがいつ行われるのかということはディーラーや販売店でさえ直前にならないとわからないことも多いです。もしモデルチェンジのときに購入しようと考えている場合は、こまめに新車情報をチェックしておく必要があります。

実は決算直後の4月2日以降もおすすめ

決算期が終わったばかりの4月、しかも軽自動車なら4月2日以降がおすすめです。毎年3月というのはどの販売店でもキャンペーンを行うなどして、最も忙しいセールの時期です。しかしその分、直後の4月は来場者が目に見えて少なくなってしまうという現象が起こります。

にもかかわらず、販売店のセールスマンには依然として毎月の売上目標というものがあるので、お客さんの少ないこの時期でも目標達成のために大きくサービスしてくれる可能性があります。そのため、あえて決算期が終わったあとに販売店へ足を運んでお値打ち車を探してみるという手段も有効かもしれません。

もう一つ4月の購入がおすすめな理由があります。それは4月2日以降の年度内の早い時期に軽自動車を購入することで軽自動車税が節税できる効果があるからです。

軽自動車税は毎年4月1日の時点で車を所有していた人にのみ課税されるもののため、極端にいえば4月2日に購入することで実質ほぼ丸一年分の自動車税が免除される形になります。

軽自動車を安く購入するためには?

購入時期を選ぶ以外にも軽自動車を安く購入するためのポイントがあります。

姉妹車・競合車で交渉する

同じタイプの車の姉妹車・競合車で相見積もりをとることで安くなる可能性があるようです。自分が欲しいと考えている車には他のメーカーにも同じくらいの性能の競合車があります。それぞれに見積もりをとって安くしてもらえるように交渉できます。

また同様に姉妹車同士でも交渉が可能です。姉妹車とはつまりOEM車のことですが、簡単にいうと自社で製造した車を相手先のブランド名で販売するということです。

具体例としては「スズキのワゴンR」が「マツダのフレア」として販売されていますが、外見を除けば中身は同じ車となります。メーカーに特別のこだわりがなければ価格交渉をして安いほうを購入するというのもよい方法です。

売却価値の高い車を選ぶ

将来売るときに高い価値のある車を選ぶことで実質安く購入できます。車は人気車種になると何年経っても価値の下がりにくいものがあります。長い目で見るなら今後も高い需要が見込まれるような車種を選べば、車を手放すときの売却金額が高くなるので結果としてお得な買い物になるようです。

自分で行い代行費用を節約する

自分で行うことで代行費用が節約できます。おすすめは以下の項目を自分で行うことです。

・保管場所届出
・納車費用
・クリーニング料金

低金利のカーローンを利用する

ローンで購入するなら銀行系のカーローンを利用すると金利を低くおさえることができます。金利が1〜2%違うだけで支払い総額に数万円の差が生じることになるからです。ただし審査が比較的厳しくなるというデメリットがあります。

妥協する

自分が車に望む最低条件を明確にしておいて、不要なものは削っていきましょう。車選びは検討を重ねるうちにどんどん装備がぜいたくになり高額予算になってしまいがちです。

安く購入しようと思うなら、最低限の条件だけ決めておき、よけいなオプションを付けることをやめたり、ボディカラーも安いもので妥協したりすることが必要になります。

【買い替え時】下取り価格の交渉をする

こちらは買い替えをする時の話になりますが、自車の買取相場を調べておいて下取り価格の交渉をするのもひとつの手です。新車をディーラーで購入する場合は乗っていた車を下取りに出すのが一般的ですが、その際にもただ出すのではなく、あらかじめ買取専門店などで価格を調べておき下取りのときに引き合いに出すと有利になることがあります。

 

ここまで軽自動車の購入時に役立つ情報をご紹介してきました。購入費用には法定費用や代行費用といったさまざまな諸費用が必要であること、自分でできる軽自動車特有の保管場所届出や購入時期によって軽自動車税がお得になることをお伝えしました。また決算期やモデルチェンジ時、決算直後も購入のタイミングとしておすすめであることもお伝えしました。今回の内容をぜひ今後の車選びに活かしてみてください。

【岐阜県】おすすめの軽自動車販売店5選

イメージ
会社名ファミリービッグモーター(岐阜エリア)ネクステージ(岐阜エリア)横山モータース伊東モータース257
特徴①圧倒的な実績を誇る軽自動車販売専門の自動車販売店素早く自分の購入したい車を提案してもらえるたくさんある車の中からぴったりなものが見つかる低価格と高品質にこだわった各務原市・犬山市地域最大級の軽自動車未使用車専門店創業100周年の歴史を持ち、総在庫数200台を誇る自動車販売店
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧